検索エンジン最適化(SEO)

検索エンジン対策は、世間の状況とGoogleの技術によって日々変化しています。
2016年から続く今の流行りは、「SNS」と「スマホ対応」と「文字数の多い記事」です。

SNS

ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどのSNSに取り上げられて話題になることで、検索エンジンに対して有利になることはよく知られています。ただし、瞬間的に話題になるということは、ニュース性の高いものであり、逆に廃れることも早いということです。
アクセスの爆発力は継続とは反することであり、常に新しい話題を世の中に盛況することは多くの会社にとって現実的には難しいです。ですので、検索エンジン対策として想定するならば、多くの中小企業の方にあまり考慮しなくてもいいかもしれません。
ただし、現在、プロモーション活動の際にSNSを無視することはできません。
SNSの活用そのものは出来る限り行いましょう。

スマホ対応

個人のお客様を対象としたサイトの場合、スマホからのアクセスの比率はパソコンを大きく上回ります。Googleもスマホに対応したサイトを優遇すると発表しているので、スマホ対応はもはや必須でしょう。

文字の多い記事

今、一番効果のある検索エンジン対策はこれです。Googleの発表では、文字数は検索結果に反映されず、あくまでもページの価値が重要であるとされていますが、現実的には、文字数の多いページが上位に表示されています。特に競合の多いテーマでは、最低でも1ページあたり2000文字以上が良いとされいます。
この文字数合戦が加熱して、「1万字以上記事」も珍しくなくなってきました。
どこかでこの現象も去ると思いますが、丁寧に記事を書く事自体は悪いことではないので、検索エンジンを意識しつつ記事を書くようにしましょう。(なお、このページでおおよそ750文字程度)

HOME