理想のWebサイト

理想のwebサイトは「目的を果たして、目標を達成できること」です。

ですので、「どんなWebサイトにしたいのか」をイメージできなければ、なんとなくそれっぽいWebサイトは出来るかもしれませんが、満足できるWebサイトにはならないでしょう。

教科書的に言えば「優秀な営業マンのようにバンバン仕事の注文が取れる」Webサイトこそ目指すべき理想かもしれませんが、これを達成するためにはそれなりの予算と時間と情熱が必要です。
現実には、これらを揃えるのは難しい方が多いです。その場合には、目的を見直したり、目標を縮小したり、段階を踏んだりして工夫しながら制作します。

また、意外と多いのが「存在するだけでいい」という希望です。
「Webサイトから注文が入らなくても問題ない、仕事は自分で取ってくる。Webサイトはそのサブ的な役割を果たせばいい」というものです。この場合、規模も小さくなるので、費用も少なくてする傾向にあります。

どちらにしても、Webサイトにどんな役割をもたせて何を期待するのかをよく話し合ってから制作に取り掛かります。

具体的な話

ここまでは、思想としての理想のWebサイトの話ですが、ここからは具体的な技術や施策の話です。

「Webサイトを制作した後、更新は誰がどれくらいの頻度で行うのか?」
これによって作り方は全然違います。


一般的には、社内で更新をしたいのでそのような機能をつけるということが多くなりました。
WordPress(ワードプレス)というWebサイトを構築するソフトを利用すると更新が簡単にできます。

ただし、「めんどくさい」という問題も同時につきまといます。
理屈ではこういう手順でこうすればいいと分かっていても、慣れない作業はなかなかできないのが現実です。
もちろん、原稿をいただければこちらで更新をいたします。
更新を当事務所を行うことが前提ならば、更新システムを導入しなくてもいいので費用は安くなりますし、細かい融通もききます。

更新の問題は、運営担当者の技術や熱量とよく相談して、現実的に出来ることを冷静に判断してください。

訪問者が求める理想

Webサイトは、訪問者のために存在します。自己満足ではいけません。
訪問者が何を求めているのか?どんな答えを期待しているのか?想像力を働かせてください。
でも、想像だけでは限界がありますのでこのようなツールも活用しましょう。
関連キーワード取得ツール(仮名・ベータ版)

Googleが求める理想

Googleが求めるWebサイトというものがあります。
基本は人間に優しいサイトはgoogleにも優しいのでそこまで意識しなくても大丈夫です。

  1. 内容がオリジナルである
  2. 正しくホームページが作られている
  3. みんながいいとSNSやブログなどで紹介している
  4. 不正をしていない
  5. ある程度のページ数がある(数十ページ)
  6. ページが増えている
  7. 更新されている

 

HOME