ユーザー価値を最優先して構築します

ホームページは、ユーザー(訪問者)に見てもらって初めて価値が出ます。別の言い方をすれば、見てもらうためにホームページを作ります。なので、自己満足では意味がないです。自己満足の具体的な例を挙げると、音楽(社歌)を流す、専門用語を多用する、奇抜なデザインにする、その他にも自社の都合のいいような構成や内容にするなどです。

原則として、何らかの利益や結果を出すことを目的にホームページはあります。しかし、その前提にはユーザーの要求を満たし、満足した内容にしなければなりません。 場合によっては、ユーザーにとって価値のあるホームページにするために御社の希望を叶えられないかもしれません。

豊富な経験を元に訪問者が何を望んでいるのかを相談しながら、御社にとって最良のホームページを構築します。

また、完成後も継続してユーザーの満足度を高め、検索エンジン対策も同時に行うコンサルティングサービスも行っております。御社の利益を考えて、このサービスは業種ごとに1社限定です。

最高のコストパフォーマンスを目指します

ホームページ制作には「定価」というものが存在しません。それぞれの会社が、制作に関わる時間を考慮して決めています。サイトの規模が同じでも、最終的な目的、戦略、どういう手順を踏むかなどによって、数万円から数百万円まで、制作費の幅は限りなく広いです。

御社にとっては、「安くて良いホームページ」が理想だと思います。そして、「良いホームページ」はその目的によって答えは違います。当事務所は、初期の企画立案からお手伝いできますので、必要最低限な構成にすることで安くても結果の出やすいホームページを制作します。

また、個人事業なので法人の事務所よりも安くなると思います。ぜひ、相見積もりをしてください。

当事務所の平均受注額は、10万円〜30万円です。詳細は「料金」をご覧ください。

御社の隠れた魅力を引き出します

さまざまな会社のホームページを作っていると「なんでそんな魅力的な部分を言わないの!?」という事柄によく出会います。社内や業界では当たり前でも、サービスを受ける側にとっては当たり前ではないことも多いです。また、魅力的な部分も表現が適切でないと伝わりません。

第3者の視点で、また、豊富な経験から訪問者の心理を分析して、御社の本当の魅力をホームページで表現することをお手伝いします。